工場の防音工事

工場では機械音などの騒音が発生します。近隣と円滑な関係を保つためにも、工場の騒音対策は非常に重要となります。工場の防音工事は大掛かりなものになる場合が多く、特に大きい工場では天井の高さなども計算に入れて施工する必要があります。

発生音源の防音対策

工場における騒音対策では、音源の防音対策が基本となります。音源となる機械が特定出来る場合は、防音パネルなどで音源の対策を施します。これにより、外部に漏れる騒音レベルを低減させられるだけでなく、工場内の騒音レベルも低下し、従業員の作業環境の改善にも繋がります。

工場内吸音工事

工場内の壁や天井の吸音性を高め、室内の騒音レベルを軽減させるための工事です。壁や天井の仕上げとして反射性の材料が使用されている場合は、周波数によっても違ってきますが、大体5dB~10dB程度低減させることが出来ます。また、全体域の騒音レベルにあまり変化が見られない場合でも、高音域には効果を発揮して不快な音域の低減に繋がるなどの効果が期待出来ます。このため、従業員の作業環境を大きく改善させることが可能となります。また、外部に防音壁を取り付ける場合と同じような減音効果を発揮することもあります。防音壁を設置するよりも費用が安く、場所などの条件にも制約がないことが大きなメリットです。高音域に関しては、薄めのグラスウールのような材料で吸音できますが、周波数が低い低音域の場合は、空気層を作るためのスペースが必要になります。また、板振動で低音域を吸音し、吸音面積を多く確保出来る吊下げ吸音板もあります。

建屋防音工事

工場建屋内の壁や天井の防音性能を高め、外部への音漏れを低減させる工事です。外部に防音壁を設置するとなると、費用も高くなり、場所など条件的な制約が多くなります。また、回折音の影響も大きくなるため防音壁の設置にも限界が出てきます。ですから、屋外に防音壁を設置する前に、建屋を防音パネルや屋内防音壁などで遮音することを検討しましょう。

屋外防音壁

工場内部や建屋の防音対策を十分に行うことが出来ない場合や、騒音源が建物の外部にある場合は、隣地との境界付近に防音壁を設置します。防音壁の回折効果によって騒音を減らすことが可能になります。防音壁には、銅製、押出成形セメント板、アルミ製、ポアセルなどの種類があります。

防音工事の基礎知識

防音工事の必要性

音が原因で近隣とトラブルになったり、騒音に悩まされるといったケースが非常に多くなっています。このような音トラブルを未然に防ぎ、安心して趣味を楽しんだり日常の生活を営むためには、防音対策が必要です。

防音材の種類

防音材には、遮音材、吸音材、防振材の3種類があります。防音効果を高めるためには、1種類だけでなく3種類すべてを組み合わせる必要があります。

防音工事の区分

住宅の防音工事では、国の定めた基準によって、初めて住宅防音工事を行う場合と、過去に住宅防音工事を行っている場合とに分けられています。

防音工事の助成金

国が指定する防音対象区域内(飛行場、演習場などの周辺区域)に所在する住宅を対象に、航空機の離着陸時の騒音防止や軽減を目的に、国が行っている助成制度です。

防音工事の内容

住宅防音工事の助成を受けるためには、国の定めた基準に従って防音工事を行う必要があります。

遮音性能について

防音工事を行う際に、どの程度の遮音性能が必要かを判断する基準として、JISが定めた遮音性能(防音性能)の評価方法というものがあります。

防音工事のポイント

防音工事を行う上で大切なことは、希望する遮音レベルや生活スタイルを具体的に考え、施工業者と緊密なコミュニケーションをはかることです。

集合住宅の防音工事

マンションやアパートなどの集合住宅は、戸建の場合に比べると、建物の構造上どうしても音が響きやすくなります。初めから防音仕様で建てられている場合を除き、防音工事や防音対策を考える必要があります。

部位別の防音工事

建物によっては、音漏れする箇所に対して部分的に防音対策を施すことで、かなりの防音効果を発揮する場合があります。防音工事で弱い箇所を部分的に強化することが出来れば、その分コストも抑えられます。

ピアノルームの防音工事

ピアノの音は非常に高音質であるため、わずかな隙間などから音が漏れやすいという特徴があります。近隣からの苦情が発生しやすい環境でピアノを弾く場合は、ピアノの防音対策を必ず施す必要があります。

オーディオルームやホームシアターの防音工事

大音量でオーディオを楽しみたい場合など、快適な音響空間を手に入れるためには、音を遮断することが最も重要な要素となります。目標の遮音性能を実現するには、最適な構造や工法で防音対策を行いましょう。

スタジオの防音工事

スタジオやライブハウスを作る場合に最も大切なポイントは、外部に迷惑をかけないこと、そして快適な音響空間を実現させることです。そのためには、防音工事業者によるきちんとした設計・施工が必要です。

工場の防音工事

工場では機械音などの騒音が発生します。近隣と円滑な関係を保つためにも、工場の騒音対策は非常に重要となります。特に大きい工場では天井の高さなども計算に入れる必要があります。

防音工事業者の選び方

防音工事は、非常に専門性の高い工事となります。それだけに、知識や経験の豊富な防音工事業者を選ぶことが重要となります。しかし、必ずしも防音工事によって完璧な防音が実現出来るとは限りません。

防音工事の費用

防音工事では、物件の状態や周辺環境の状況などで工事内容が決まります。そのため、防音工事の費用は見積りを依頼した業者が現場を調査した上で初めて決定します。
無料見積もり