集合住宅の防音工事

マンションやアパートなどの集合住宅は、戸建の場合に比べると、建物の構造上どうしても音が響きやすくなります。初めから防音仕様で建てられた集合住宅であれば、壁などに緩衝材が使われていたり、床が浮き床構造になっているなどの防音対策が施工段階で行われていますが、そのように施工されていない普通の集合住宅の場合は、住み始めてから防音工事や防音対策を考えなければなりません。ただし、すでに建物が完成した後で防音工事などを行っても、残念ながら完全な防音は望めません。完全には無理ですが、音源となる箇所に防音対策を施すことで音漏れを軽減することは可能です。

床の防音対策

フローリングの床は、カーペットの場合に比べて音が4倍響くと言われています。特に音が響きやすい構造となっている集合住宅では、上下階に住む住人との間で、音や振動が原因のトラブルが多く発生しています。日頃、上階からの音に悩まされているという方も、知らず知らずの内に下の階の住人に迷惑をかけている可能性もあるのです。集合住宅における床の防音対策は非常に重要な問題です。

床衝撃音について

集合住宅で騒音トラブルの原因となりやすいのが床衝撃音です。床衝撃音には2種類あり、子供が飛び跳ねたりした場合などに発生する「重量床衝撃音」と、スプーンなど軽いものが落下した場合に発生する「軽量床衝撃音」とがあります。軽量床衝撃音の場合は床をじゅうたんやカーペット、畳敷きなどにすることで対策出来ますが、重量床衝撃音の場合は衝撃が柱など躯体に伝わらないような、構造から変える工事が必要になってきます。

オーディオなどの重低音に対して

オーディオなどの重低音に対しては、音が響かないようにするための振動対策を施す必要があります。例えば、スピーカーの下にゴム製の遮音マットを敷く、あるいは室内の床全体に防音カーペットを敷き詰めるなどの方法があります。重低音の場合、高音域よりも音が響きやすいため、床以外にも、窓や壁、隙間などの防音対策も必要になります。

ペットの足音対策

ペットの足音が下の階に響くのを防ぐには、防音マットを敷くと良いでしょう。また、防音マットを敷くことで人間の足音も軽減することが出来ます。

壁の防音対策

テレビの音や話し声などが隣家に響いてトラブルとなる場合があります。このような音漏れを防ぐためには、壁の防音対策を施すのが有効です。壁に取り付けた防音材が音の振動を吸収するため、隣の部屋まで音が聞こえないようにすることが出来ます。壁の防音対策には大がかりな工事が必要な場合もありますが、簡単な設備であれば自分で行うことも可能です。最近では取り付け簡単な防音壁や吸音材などが各メーカーから販売されています。

音漏れ対策

集合住宅の壁面には、以前はGL工法と呼ばれる施工法が用いられていました。この工法は、主に石膏と接着剤を混ぜ合わせたものをコンクリート壁面に団子状に点付けし、その上にブラスターボードなどを接着させるというものです。低コストで工期が早いことから、マンションやオフィスビル、ホテルなど様々な建物で多用されています。しかし、この工法では、コンクリートとボードの間に空気層が生じ、室内から発生した音が共鳴して増幅してしまい、返って外部に音が漏れやすくなってしまうという大きな欠陥があります。そのため、この工法で建てられた建築物は、壁からの音が響きやすい構造になっていると言えます。

壁の音漏れ対策は大がかりとなる場合が多いですが、家具の配置を変えるだけで防音効果に繋がる場合もあります。例えば、タンスなど大きめの家具を壁面に置くことで音漏れを軽減することが出来ます。さらに防音効果を高めたければ、家具と壁の間にMGボードやGCボードなどの吸音材を挟むと良いでしょう。

オーディオなどの反響音対策

オーディオなどの音が部屋全体に反響していると感じた場合は、吸音材や防音壁など吸音性の高いものを壁2面分ほど貼ると効果的です。壁全体に貼らなくても、音の反響具合に応じて部分的に貼り付けるだけでも有効です。

ドアや窓の防音対策

壁や床に比べて見落とされがちな部分ですが、ドアや窓に生じるかすかな隙間も音漏れの原因となります。ドアや窓の防音には、隙間テープや防音カーテンなどを使用すると音が漏れにくくなります。

高層マンションの注意点

高層マンションの場合、建物の軽量化を図るために隣戸との壁がコンクリート造りにはなっていません。そのため、低い周波数に対しての遮音性能が低下してしまうことが考えられます。例えば、高層マンションでピアノなどを弾くための防音室を作っても、通常のマンションより音が漏れやすくなる可能性があります。特に低音域の遮音に対しては、ブラスターボードを数枚重ね貼りした程度では有効とは言えません。高層マンションで防音工事を行う場合は、通常のマンションとは違う仕様で施工する必要があります。

防音工事の基礎知識

防音工事の必要性

音が原因で近隣とトラブルになったり、騒音に悩まされるといったケースが非常に多くなっています。このような音トラブルを未然に防ぎ、安心して趣味を楽しんだり日常の生活を営むためには、防音対策が必要です。

防音材の種類

防音材には、遮音材、吸音材、防振材の3種類があります。防音効果を高めるためには、1種類だけでなく3種類すべてを組み合わせる必要があります。

防音工事の区分

住宅の防音工事では、国の定めた基準によって、初めて住宅防音工事を行う場合と、過去に住宅防音工事を行っている場合とに分けられています。

防音工事の助成金

国が指定する防音対象区域内(飛行場、演習場などの周辺区域)に所在する住宅を対象に、航空機の離着陸時の騒音防止や軽減を目的に、国が行っている助成制度です。

防音工事の内容

住宅防音工事の助成を受けるためには、国の定めた基準に従って防音工事を行う必要があります。

遮音性能について

防音工事を行う際に、どの程度の遮音性能が必要かを判断する基準として、JISが定めた遮音性能(防音性能)の評価方法というものがあります。

防音工事のポイント

防音工事を行う上で大切なことは、希望する遮音レベルや生活スタイルを具体的に考え、施工業者と緊密なコミュニケーションをはかることです。

集合住宅の防音工事

マンションやアパートなどの集合住宅は、戸建の場合に比べると、建物の構造上どうしても音が響きやすくなります。初めから防音仕様で建てられている場合を除き、防音工事や防音対策を考える必要があります。

部位別の防音工事

建物によっては、音漏れする箇所に対して部分的に防音対策を施すことで、かなりの防音効果を発揮する場合があります。防音工事で弱い箇所を部分的に強化することが出来れば、その分コストも抑えられます。

ピアノルームの防音工事

ピアノの音は非常に高音質であるため、わずかな隙間などから音が漏れやすいという特徴があります。近隣からの苦情が発生しやすい環境でピアノを弾く場合は、ピアノの防音対策を必ず施す必要があります。

オーディオルームやホームシアターの防音工事

大音量でオーディオを楽しみたい場合など、快適な音響空間を手に入れるためには、音を遮断することが最も重要な要素となります。目標の遮音性能を実現するには、最適な構造や工法で防音対策を行いましょう。

スタジオの防音工事

スタジオやライブハウスを作る場合に最も大切なポイントは、外部に迷惑をかけないこと、そして快適な音響空間を実現させることです。そのためには、防音工事業者によるきちんとした設計・施工が必要です。

工場の防音工事

工場では機械音などの騒音が発生します。近隣と円滑な関係を保つためにも、工場の騒音対策は非常に重要となります。特に大きい工場では天井の高さなども計算に入れる必要があります。

防音工事業者の選び方

防音工事は、非常に専門性の高い工事となります。それだけに、知識や経験の豊富な防音工事業者を選ぶことが重要となります。しかし、必ずしも防音工事によって完璧な防音が実現出来るとは限りません。

防音工事の費用

防音工事では、物件の状態や周辺環境の状況などで工事内容が決まります。そのため、防音工事の費用は見積りを依頼した業者が現場を調査した上で初めて決定します。
無料見積もり