板金工事

板金とはスレート屋根の頂点を止めている鉄板のことです。住宅の最上部に位置しており、屋根工事の工程でも、最終の仕舞い部分になります。この箇所は屋根の中でも風の影響を最も受けやすい場所で、台風や突風で釘が浮いたり抜けたりするケースが多く見られます。釘が浮けば、釘穴から水が入り、中の木が腐ってしまうこともあります。古い棟板金になると錆が生じるものもあります。まずは点検を行い、交換の必要があるかどうかを確認することが重要です。

板金工事の流れ

STEP1 足場・メッシュシートの設置

工事によっては足場、メッシュシートを設置します。

STEP2 既存板金・貫板の撤去

まずは既存の板金・貫板の撤去を行います。

STEP3 下地処理

次に板金の下地の処理を行います。
傷んでいた場合には補修作業を行います。

STEP4 新規貫板・板金の設置

新しい貫板・板金を設置していきます。

STEP5 工事終了

足場を設置した場合、工事後に撤去します。

屋根工事の基礎知識

工事時期の目安

屋根を長持ちさせるためには定期的な点検やメンテナンスが必要です。

予算

屋根工事の費用は業者によって値段も違ってきますので、複数の屋根工事業者に見積りを依頼することをおすすめします。

屋根材の種類と特徴

屋根材の代表的な分類は、「金属」を使った屋根。「スレート」を使った屋根。「瓦」を使った屋根の3つに大きく分類されます。

屋根の形状

屋根の形には様々な種類があります。一般的に多いのは切り妻と寄棟ですが、それ以外にも多くの種類があります。

葺き替え

屋根の葺き替えとは、すでに葺かれている屋根材を一旦撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事方法です。

カバー工法

カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材を被せる工法の事です。

板金工事

板金工事とはスレート系の屋根の頂点を止めている鉄板部分の工事のことです。

漆喰工事

瓦葺きの屋根は漆喰から痛みが広がることも多いため、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

雨樋工事

雨樋は、常に日光や熱、風雨、雪などにさらされる部位ですので、こまめなお手入れや定期的なメンテナンスが欠かせません。
無料見積もり