屋根工事の必要性

一般的に屋根工事が必要な例として、以下のような原因があります。

1.雨漏り
2.瓦の劣化・瓦がはじけてたりする
3.色落ち、剥がれ落ち
4.谷板が板金で出来ているが、その部分が穴などが開いている

屋根工事を行うことによって、雨漏り、色落ち、穴、腐食、地震のときに屋根が落ちる・瓦が剥がれ落ちてくる可能性、家の内部の湿度調整、温度調整などの問題が回復します。屋根工事は、屋根に特別大きな問題がない場合は、わずかな一部分の交換だけで安価に済みます。

屋根工事(リフォーム)時期の目安

家の屋根を長持ちさせるためには、屋根材に合った定期的な点検やメンテナンスが必要です。

瓦系屋根材

瓦・・・メンテナンス(漆喰、締直し等)を定期的にしていれば何十年も持つが、その分維持費がかかる。

セメント瓦(モニエル瓦)・・・塗料が劣化するため、15年~20年に1度、塗装が必要。

スレート系屋根材

7年~10年に1度、防水塗装が必要。20年以上経つと野地板も傷んでくるため、葺き替えが必要となる。

金属系屋根材

石粒付ガルバリウム金属屋根、ガルバリウム金属屋根・・・外的要因がなければメンテナンスフリー

トタン金属屋根・・・7年~10年で塗り替えもしくは葺き替えが必要。

屋根工事の基礎知識

工事時期の目安

屋根を長持ちさせるためには定期的な点検やメンテナンスが必要です。

予算

屋根工事の費用は業者によって値段も違ってきますので、複数の屋根工事業者に見積りを依頼することをおすすめします。

屋根材の種類と特徴

屋根材の代表的な分類は、「金属」を使った屋根。「スレート」を使った屋根。「瓦」を使った屋根の3つに大きく分類されます。

屋根の形状

屋根の形には様々な種類があります。一般的に多いのは切り妻と寄棟ですが、それ以外にも多くの種類があります。

葺き替え

屋根の葺き替えとは、すでに葺かれている屋根材を一旦撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事方法です。

カバー工法

カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材を被せる工法の事です。

板金工事

板金工事とはスレート系の屋根の頂点を止めている鉄板部分の工事のことです。

漆喰工事

瓦葺きの屋根は漆喰から痛みが広がることも多いため、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

雨樋工事

雨樋は、常に日光や熱、風雨、雪などにさらされる部位ですので、こまめなお手入れや定期的なメンテナンスが欠かせません。
無料見積もり